「無名の街道に光を当てたい!」から始まったこの企画。「柳井にっぽん晴れ街道~すべての未知は浪漫に通ず」ガイド本出版プロジェクト

「無名の街道に光を当てたい!」から始まったこの企画。「柳井にっぽん晴れ街道~すべての未知は浪漫に通ず」ガイド本出版プロジェクト

集まっている金額
¥363,000

目標金額 ¥3,641,000

10%

参加
76口
期間
終了

申し込むコースを選択する

※申し込みには会員登録が必要です

出版

このプロジェクトをシェア

このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらず
リターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

このプロジェクトについて

聞き手:「柳井にっぽん晴れ街道」ガイド本出版プロジェクトを進めています、
    「柳井にっぽん晴れ街道協議会」事務局長の岸田稔明さんです。
    よろしくお願いします。
岸 田:よろしくお願いいたします。

聞き手:このプロジェクトは、どういう思いで始めることになったのですか?
岸 田:このプロジェクトは、「無名の街道に光を当てたい」との思いから
    始めました。
    東海道や中山道など、有名な街道は、ガイド本が次々と出版され、
    一般に普及してきています。
    しかし、私たちが活動の舞台にしている
    山口県の「柳井にっぽん晴れ街道」は、ほぼ無名で、
    この街道に関するガイド本が出版されたことはありません。
    そこで、自分たちで出版しようということになり、
    このプロジェクトを進めることになりました。

「柳井にっぽん晴れ街道」とは

聞き手:そもそも、この「柳井にっぽん晴れ街道」って、
    どういう街道なのですか?
岸 田:私の住んでいる山口県柳井市には、江戸期の主な街道として、
    岩国市小瀬と上関町を結ぶ全長約60kmの「小瀬上関往還」と、
    岩国市と平生町竪ヶ浜を結ぶ全長約36kmの「岩国竪ヶ浜往還」の
    2本が通っています。
    このうち、柳井市を通っている部分の全長約43kmを、
    日照時間の長い柳井地域の特性にちなんで、
    「柳井にっぽん晴れ街道」と呼んでいます。


聞き手:この街道は、江戸期にはいったいどのように
    利用されていたのでしょうか。
岸 田:柳井は、江戸期には岩国領のお納戸として大変繁栄しました。
    繁栄した証として、その当時の町並みが残されており、
    国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
         
    江戸期には、岩国領主の吉川氏が頻繁にこの道を行き来していました。
    江戸末期の1857年(安政4年)には、
    第12代吉川経幹が、岩国から12時間かけて乗馬で柳井を訪れ、
    御供は225人にのぼったことが、文書に残されています。
    また、内陸部と港を結ぶ動脈となっており、
    米の積み出しなどの搬出路としても使われました。
    沿線には、清狂草堂や克己堂の門などが残されており、
    明治維新で活躍した人物が歩いた道としても知られています。

聞き手:では、どのようなきっかけで、
    この街道に注目するようになったのですか。
岸 田:2011年(平成23年)から、地元のケーブルテレビで
    柳井を旅する番組を収録、放送することになったのですが、
    そのときにテーマのひとつとなったのが、「街道を歩く」という
    ことでした。
    この番組を通じて、街道がどこにあるのかを古地図を見ながら調査し、
    その沿線にはどのような資源があるのかを掘り起こしました。

        
    その後、この街道をキーワードに地域づくりを進めることになり、
    2014年(平成26年)、街道沿線で活動している団体や個人に
    呼びかけ、「柳井にっぽん晴れ街道協議会」を設立しました。
    そして、国土交通省などが中国地方の街道を「夢街道ルネサンス」として
    認定する制度がありますが、その認定をいただくことができました。

「柳井にっぽん晴れ街道協議会」の活動

聞き手:「柳井にっぽん晴れ街道協議会」では、
    どのような活動をされていらっしゃるのでしょうか。
岸 田:2015年(平成27年)には、荒廃している街道の一部区間の竹を、
    多数の方々のご協力により伐採して通行できるようにしました。

    同じ年に「遊歩プロジェクト」を始め、
    わらじを使って街道を歩く行事をしたり、
    ウォーキングイベントを行ったりしています。



    2016年(平成28年)には、街道沿線の20か所に表示板(陶板)を
    設置しました。
  

街道ガイド本の詳細

聞き手:今回進めている「ガイド本」について、詳細をお聞かせください。
岸 田:出版しようとしているガイド本は、
    B5版の大きさで148ページ、フルカラーです。
    表紙、裏表紙、背表紙は、このようになります。

    「柳井にっぽん晴れ街道」全体の43kmを網羅し、
    江戸時代の古地図と現代の地図を見比べることができ、
    誰でもこのガイド本を見て街道を歩けるようにしています。
    中身は、見開きでこのようになります。

    また、途中の歴史的文化的資源の詳細を知ることができます。

    資源の掘り起こしと文章の編集は協議会会員で行い、
    掲載予定の約600枚の写真は、長い街道を歩いて撮りに行きました。
    本協議会発足後ずっと取り組んできたもので、まさに汗と涙の結晶です。

聞き手:今回なぜ「クラウドファンディング」を活用するのですか。
岸 田:ガイド本の編集作業はほぼ終えていますが、
    印刷単価が大きな課題となっています。
    一定程度の注文が確保されなければ、
    1冊あたりの単価が非常に高くなってしまい、
    せっかく編集ができていても、出版に踏み切れません。
    そこで今回、この課題を解決するため、
    クラウドファンディングを活用することにしました。
    皆様のサポートにより、リターン(お返し)として
    このガイド本をお送りすることができるようになれば、
    印刷単価が下がることとなり、出版が可能となります。
    また、小中学校をはじめとする教育機関等にこのガイド本を
    寄贈できるようになり、郷土学習に活用することを通じて、
    自分の住む地域に関心を持ち、誇りにつなげることも可能となります。
    ぜひ皆様方の応援をよろしくお願いいたします。
聞き手:ありがとうございました。成功するよう、応援しております。

プロフィール

柳井にっぽん晴れ街道協議会 会長 高井孝則
2014年(平成26年)に、街道沿線の市民活動団体や個人が
集まって設立した団体です。
恵まれた気候風土と歴史が育んだ柳井地域の街道筋にある地域資源を
生かした魅力ある地域づくりを行うことを目的としています。
本協議会の活動の様子は、以下のページに掲載しています。
「夢街道ルネサンス」ホームページ:
http://www.cgr.mlit.go.jp/cgkansen/yumekaidou/pc/index.html
 

申し込むコースを選択する

申し込む

¥500(税込み)

サンクスメール

感謝の意のこもったメールをお送りします。
  • 参加

    0口

終了

¥1,000(税込み)

御礼ハガキ送付

感謝の意のこもった地元オリジナルのハガキを送付します。
  • 参加

    1口

終了

¥2,000(税込み)

「柳井にっぽん晴れ街道」ガイド本1冊

このプロジェクトによって出来上がる「柳井にっぽん晴れ街道」ガイド本1冊をお送りします。
  • 参加

    61口

終了

¥10,000(税込み)

「瀬戸内の魚直送」と街道ガイド本1冊

柳井は瀬戸内海に面した町。潮流が速く身の締まった瀬戸内の魚を直送します。内容、量は、季節によって変わります。到着希望日を指定することとなります。
  • 参加

    12口

  • 残り

    18口

終了

¥50,000(税込み)

「釣りペア招待コース」と街道ガイド本1冊

柳井グランドホテルと地元漁師さんとの共同企画でプロデュースする体験型グルメツアー!何より贅沢なのは新鮮な魚をお腹いっぱい食べることができるということです。 釣りをしたことのない人も楽しめます。1泊3食、釣り仕掛けや道具は準備いたします。人気プランにつき、候補日を2~3とおり挙げていただくこととなります。
  • 参加

    1口

  • 残り

    4口

終了

¥70,000(税込み)

「柳井縞反物1本」と街道ガイド本1冊

「柳井縞」は、素朴な木綿織物として古くから親しまれてきた伝統織物です。江戸時代には高い品質で全国的に名を馳せました。
近年復活し再現された「新生柳井縞」は、手織りの風合いを大切にしながら新しさを加えて創作した木綿です。素朴な手織りの感触をお楽しみください。
  • 参加

    1口

  • 残り

    2口

終了

よくある質問

  • Q.支払い方法には何がありますか?

    A.クレジットカード(VISA、Master)、コンビニ払い/銀行振込 が選択できます。

  • Q.クレジットカードの決済はいつ行われますか?

    A.「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成の有無に関わらず、プロジェクトは成立となります。募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、お申込み内容の決済が行われます。募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、お申込み内容の決済は実行されません。その場合はプロジェクトオーナーにお申込み金額は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。

  • Q.アトディーネ(コンビニ払い)はいつ支払えばよいですか?

    A.支払いはプロジェクト成立後に郵送する請求書(ハガキ)にて、コンビニエンスストアまたは銀行で代金を支払うことができます。請求書発行後、14日以内にお好きなタイミングでお支払いください。
    ※BOOSTERでは、アトディーネをご利用の場合、プロジェクトの成立後に請求書が到着します。商品/サービスの受け取り後ではございませんのでご注意ください。
    ※アトディーネでは商品購入時に所定の審査があり、審査結果によってはコンビニ払い/銀行振込をご利用いただけない場合がございます。
    ※アトディーネは、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する後払い決済サービスです。

  • Q.申込み後のキャンセル・変更はどのようにすればよいですか?

    A.申込み後のキャンセルは受け付けておりません。

  • Q.プロジェクトについての質問はどのようにすればよいですか?

    A.プロジェクトページ内の「お問合せ」からご質問いただけます。

  • Q.リターンの配送先を変更したい場合はどのようにすればよいですか?

    A.プロジェクトページ内の「お問合せ」から「お名前・購入ID・お申込みリターン名・変更後の配送先住所」をお送りください。
    ※マイページで住所変更をしても配送先変更にはなりませんのでご注意ください。

ページトップヘ